つげ櫛の歴史

つげ櫛とは

つげ櫛とは、「本ツゲ」と呼ばれる木材を用いた櫛のことです。櫛としての最適な曲げ強度や弾力性を持つ本ツゲは、西日本の南方で採取される木材です。

つげ櫛の歴史

 日本におけるの歴史は大変古く、福井県の鳥浜貝塚から縄文時代前期に作成されたと見られる木製の櫛が発掘されています。この櫛は、ヤブツバキによって作られ、一枚板から九本の歯を削り出したものでした。

「櫛」という言葉の由来は、不思議という意味の「奇し」や「串」と語源が同じだと考えられています。

当サイトでは、管理人が厳選した優良オンラインカジノを紹介しています。日本語にも対応していますので、当サイトを訪れたあと、ぜひオンライン カジノミー ゲームもプレイしていって下さい。